行政上の手続きである届出とは何?

私たちは公共の社会の中で安全で自由な生活を保障されています。それを継続・維持していく上で行政上の許認可の手続きは必要なものとなっています。そのなかで許可などとは違い日常私たちが行っている届出について説明してみたいと思います。
申請と届出の違いについて触れてみましょう。申請は管轄する行政機関の承認や許可、認可を必要としますが、届出に関しては許可などを要することなく、届出をすることで法的な効力が発生することをいいます。
届出とは特定の行為を行うにあたって、あらかじめ行政官庁に対して一定の事項を通知する行為です。さらにその手続きが法令で義務づけられている場合をいいます。いわゆる届出制となっているものです。

例えば、外国人が海外から日本に渡航し、大学への留学などで長期滞在をするならば外国人登録の届出をし、外国人登録証を発行してもらわなければなりません。また届出が必要な業種での営業をする場合も監督行政庁へ届ける義務があります。クリーニング業法に基づいた上で、営業をする人の届出が必要となります。

これらのうち、特殊な手続きの知識などが必要な場合などは、専門の行政書士などに依頼をして手続きをしてもらうケースもあります。時間と手間などを考えた場合、手数料は発生しますが、結果的に効率よく処理されるので、他に時間を有効利用することができるようになります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 行政が管轄する許可などの内容と対象とする業種は All Rights Reserved.