行政が管轄する許可などの内容と対象とする業種は TOP > コンテンツ一覧 > 時代を反映した新しい業種も行政の許可が必要

時代を反映した新しい業種も行政の許可が必要

私たちは法治国家である日本の元で日々暮らしています。それは安全で自由な生活を送るための保証を国などの行政機関がバックアップしてくれているんですね。しかしながらその中には法律というものがあり、その法律を遵守しながら社会の中において生活をしていかなければなりません。何事にもスポーツと同じようにルールに則った行いが必要となるのですね。

そのようなことから色んな仕事を始める場合において、日本の法律に基づいた許認可制度があり、管轄する行政庁の許可などを得る必要があります。それらの業種は今まで紹介してきたものの他にも多くありますがその主なものを紹介しましょう。高齢化社会を迎えた今、その存在が大きくなっているのが訪問介護業です。訪問介護事業を開業するためには、開業する事業所を管轄する都道府県に「介護事業者指定申請」をし、指定介護事業者として許可を受ける必要があります。

これも今増えているのがペットの飼い主です。このペットブームを反映して様々なペットビジネスが誕生しています。そのペット業は動物を扱う仕事ですので、法律により各都道府県知事に対する「動物取扱業の登録」が必要となります。また一定の条件を満たした)「動物取扱責任者」の設置が義務づけられています。
この他コインランドリー、移動販売、労働者派遣業など、現代を反映した業種も含め、法律に基づいた許可や認可などをとる必要があるのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 行政が管轄する許可などの内容と対象とする業種は All Rights Reserved.