行政が管轄する許可などの内容と対象とする業種は TOP > コンテンツ一覧 > 飲食業の許可などはその業種や業態で違ってくる

飲食業の許可などはその業種や業態で違ってくる

よく会社の同僚や気が置けない仲間たちと夜の街に繰り出してお酒を飲む機会があると思います。その飲食業を営む上においても各行政庁への許可や申請が必要となります。スナックやキャバクラなどはお客に対して「接待」をする行為に当たるので公安委員会への許可が必要となります。この接待とは「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなす」ことをいいます。

その具体的な内容は...
○談笑・お酌等-特定少数の客の近くにはべり、談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為
○踊り等-特定少数の客に対して、客室において、歌舞音曲、ダンス、ショー等を見せ、又は聞かせる行為
○歌唱等-特定少数の客の近くにはべり、その客に歌うことを勧奨し、若しくはその客の歌に手拍子を取り、拍手し、若しくは褒めはやす行為又は客と一緒に歌う行為
○遊技等-客と遊技、ゲーム、競技等を行う行為、また客と体を密着させたり、手を握る行為

などとなっています。いわゆる女性のホステスがいるところが接待となるようですね。もちろん、男女が入れ替わりますが、ホストクラブなどもその対象ですね。

それから「深夜における酒類提供飲食店」を営むには、公安委員会に届出書を提出する必要があります。その具体的内容はバー、酒場、その他酒類を提供して営む営業を午前0時以降に営むものをいいます。ただし、営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営む店は除かれます。レストランやファーストフード店などがそれにあたります。
このように飲食業も細かな設定により行政庁の許認可が必要となる業種もあるのですね。
私たちが一次会や二次会などで利用している飲食店にはその業種によって様々な許認可を受ける必要があるんですね。男性にとって女性から接待を受けることは決して悪い気持ちはしないものです。今度そのようなお店に行ったらそのような許可証などが店内に掲示されているかチェックしてみたいと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 行政が管轄する許可などの内容と対象とする業種は All Rights Reserved.