行政が管轄する許可などの内容と対象とする業種は TOP

このサイトについて

みなさんは要らなくなった不用品を集めて、バザーなどで販売されたことはありませんか? それぐらいだと問題は無いのかも知れませんが、世相を反映してかあちこちでリサイクルショップがオープンしているようです。景気が良くなると、収入が増え、使い捨ての意識が何故か浸透し、逆に景気が冷え込み先行きの不透明感からの心理も働くことによって、ものを大事に長く使う節約意識が芽生え出します。

そのような背景からリサイクルショップや不用品買取センターなどは今、活況を呈しているようです。このリサイクルショップですが開業するには通常の物品販売のお店と変わらないようにそのまま出店が出来るという訳ではありません。実は行政の許可が必要なんです。行政とは国や都道府県、あるいは区や市町村の行政機関になります。

リサイクル品は行政機関の言葉で古物と呼ばれています。この古物を売買して営利を得るには古物商という資格が必要となります。さらに古物の売買または交換するための古物市などの市場を営むにおいても古物市場主という許可が必要となるのです。それぞれ各都道府県の公安委員会が許可することになります。

申請先行政機関は各警察署の生活安全課などがその窓口となっています。このように行政の許可を受けて行わなければならないものが世の中には結構あるのです。ですから勝手に何をしてもよいと言うことではないということですね。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    業務方法書、業務の執行体制を証する書面の作成などの第二種金融商品取引業の登録を全面サポートしてくれる法務事務所なら、個人で行なうには面倒な手続きの一切を受け持ってくれるので安心です。
    公共工事を行なう為の経営事項審査を東京で代行してくれる会社を利用すると、建設業者の経営規模の認定、技術力の評価、社会性の確認、経営状況の分析などの申請をおこなう手間が省けてオススメです。
    税理士や司法書士といった各専門家と提携しながら円滑に遺産相続手続きの代行を行なってくれる会社を探しているなら、平日の昼間に手続きを行なわないといけないため、会社を休む必要がある場合に代行を使用すればそういった問題が解消できるのでオススメです。
    Copyright(C) 行政が管轄する許可などの内容と対象とする業種は All Rights Reserved.